筋肉に直接作用する

看護師

気になる症状を改善

ボトックスはボツリヌス菌が作り出す成分を希釈して注射する施術方法で、注射を利用して行うので傷が目立ちにくいメリットがあります。ボトックス自体は筋肉を弛緩させる効果が期待できる成分となっており、注射を擦るとその部位の筋肉のこわばりの改善等が期待出来ます。実際にボトックスは副作用の心配も殆ど無いと言うことから、医療の分野だけでなく美容の分野でも大いに活用されています。改善できる症状として有名なのがエラ張りで、エラ部分に適宜注射する事で筋肉の張りを改善して小顔効果が期待できるのです。また顔の筋肉が作用すると言う事でシワができてしまう事も有りますが、そのしわもボトックスを利用すれば改善が期待出来ます。勿論適切な量を注射すれば顔に対して何か副作用が出てしまうと言う事も無いので、気になる症状だけ良くなる注射として世界各国で利用されています。医療の面で言うと、多汗症やワキガ、さらに顔面麻痺の解消の為に利用されている状態です。注射をする事でその部位の筋肉を委縮し、汗を出にくくし、顔の筋肉のこわばりを解消して気になる症状の改善につなげます。副作用は薬などを利用した際に、目的とは違う反応を体が起こす事を言い、吐き気や頭痛、のぼせなどその薬によっても違います。ただ、全ての薬がその様な作用を起こしてしまうと言う訳ではないし、利用する量を加減すれば過剰に心配する必要も基本的にはありません。ボトックスの場合は、基本的に副作用の心配をする必要はないので、安心して施術を受ける事が出来るようになっています。ただ顔に直接注射を擦ると言う事、さらにその人によっても変化の出方が違っているので、どの人にも全く副作用がないとは言い切れません。非常に安全性の高い注射ですが、例えば顔に注射した場合、人によっては顔の筋肉を動かしにくくなる場合が有ります。ただボトックスはいつまでもその薬の効果が持続するのではなく、徐々に薬の効果は消えて行きます。だから副作用がもし万が一出てしまったとしても、いつまでも筋肉が強張っているのではなく、少しずつ筋肉の動きも回復していきます。また注射を打つ部位や注入する薬剤の量によっても副作用の出方が変わって来るので、極力症状が出ないように注意して施術を行う事も可能です。

Copyright© 2018 ボトックス治療を受けるなら【治療を受ける前に注意点を確認】 All Rights Reserved.